1. TOP
  2. 経済
  • 【備忘録】バブルの時代のサラ金・消費者金融【MEMO】

    バブルの時代は日本が好景気に狂乱していた時代です。お金は市場に沢山回っていましたので、どこもかしこも利益が上がる良い時代だったとも言えます。午前中に株を買えば、午後には値上がりして儲けられる、そんな時代でした。 こんな時 […]

  • 【MEMO】経済用語など【備忘録】

    組織 EU(欧州連合)とは、1991年12月マーストリヒト条約(欧州連合条約)の発効により、ヨーロッパで発足した連合体で、外交・安全保障政策の共通化の実現を目的としています。域内では単一通貨「ユーロ」が導入され、多くの国 […]

  • 【MEMO】国際決済銀行などその他のBANK【備忘録】

    国際決済銀行とはスイスに本部がある通過の価値の安定と世界中の金融システムの安定を「中央銀行」が追及する支援をし、さらにこれらの金融分野の国際的な協力をしっかりと推進するために作られた組織になります。 国際決済銀行の歴史は […]

  • 【MEMO】日本のさまざまな銀行【備忘録】

    日本銀行 私たち日本人が一般的に使っているお金(紙幣など)に「日本銀行」と書かれているのを知っていますか?千円・5千円・1万円にはそれぞれこの日本銀行と銀行名が書かれているのです。 なぜ私たちがいつも使っているお金に日本 […]

  • 公共投資の即効性

    国が公共投資を行う事、ある意味では必然と言えます。それは国家規模のインフラ整備は民間や地方自治体の予算規模では手に負えず、国が整備していくしか選択しがないのです。基本的には国が投資するのは公共の利益を優先します。物流を活 […]

  • 高金利とインフレ

    インフレで物価が上昇すると市場金利も上がります。 将来のインフレが期待されるとその前に融資を受けてお金を使ってしまう方が得となります。現状で消費増税も控えている事から住宅ローンや高級車の販売が好調に推移しています。今のう […]

  • 為替レートの意味合いとは

    現在為替は為替市場で自由に取引され、その売り買いが反映されて価格が決定されます。 以前の日本の為替レートは1ドル360円に固定されていました。日本が戦後の復興から高度成長期を迎えると日本製品が世界で流通するようになり、貿 […]

  • アベノミクスに対する批判

    韓国 韓国のアベノミクスに対する批判はその殆どが円安誘導に関するものです。 何故ならば電気製品や自動車産業は日本と競争状態におかれる事で輸出減に繋がるからです。   円高が進んでいた時期に韓国は世界の市場を席巻 […]

  • アベノミクスとは

    アベノミクスとは安倍晋三首相による経済政策を表す造語として用いられています。 安倍とエコノミクスを組み合わせた言葉で、エコノミクスとは経済学や経済分析と言う意味を表しています。2012年の衆議院選挙前から盛んに使われだし […]

  • 高度に成熟した日本経済が迎える新しい局面

    ゼロ金利政策とその影響 1999年に日本は世界で初めてゼロ金利政策を導入した国です。本来のゼロ金利政策の目的は市場金利を引き下げ、それにより投資を活発化させ、円安に振れる効果を期待してものでした。   &nbs […]

1 2 3