1. TOP
  2. 借金返済ができない場合の行動例

借金返済ができない場合の行動例

借金返済できないことを金融機関に相談する

お金を借りていて借金返済が滞るようになった場合はすぐに借り入れをしている金融機関に相談する必要がありますが、借金返済の期日になってお金が返済されていなかった場合は金融機関も暇ではないので声をかけてくれるところは少なく、遅延の代償として金利上昇などのペナルティを付加されることになります。
最近は借金返済の期日が迫った場合にメール連絡を入れてくれる金融機関も増えているので、お金を借りていて借金返済を忘れてしまいそうだと最初から思う場合は連絡をくれる金融機関でローンの申し込みをしておくようにしましょう。

もし、あらかじめ返済できないと分かっている場合は返済回数を増やしてくれる対応や一時的に返済をストップしてくれる措置などを取ってくれると思うので、これでしばらくは様子を見ることになると思いますが、収入が遮断してしまっている場合は返済できる目処が立たないため、債務整理などを検討する必要が出てきます。

基本的に金融機関側は債務整理をされると損失が生じるため、できれば借金返済ができるように相談に乗ってくれる場合がほとんどですが、いつまでも待ってはくれないのでその場合は借金問題に強い法律事務所に足を運ぶか電話をして相談することも必要になってくると思います。

どちらにしても返すお金が無い状態を放置するのは問題なので、お金を返すことが難しいと判断した時点で何らかの対応をする必要があります。

多重債務の場合は借り換えローンで借金返済

 

ds54745 (158)

金融機関からお金を借りている場合に、そこの金融機関でお金を返すことができなくなったという理由から他の金融機関で新規の借り入れをして、そのお金を元々借りている金融機関に対して返済して借金を借金で返すという人も少なくありませんが、これを繰り返している内に次々と債務先が増えていくことになります。

この状態を多重債務と呼んでいますが、それぞれの金融機関に対して借金返済をしないといけないことから、かなりの負担になることが想定されますが、毎月の借金返済額もかなりの額になっていることが想定されます。

そうなると金融機関からの取り立てや催促というのはかなり強いものになることが想定されるため、早めに対応することが必要になってきますが、債務整理をしてしまうと信用情報に傷がついてしまうので、なるべくなら債務整理をしないという選択肢を選びましょう。

多重債務に有効な借金問題解決方法に借り換えローンと呼ばれるローンがありますが、これは借金返済の問題を借金によって解決するという方法で、借り換えローンを利用することによって借金をまとめることができます。

借金をまとめることによってこれまでは自力で借金返済が難しいと思っていた場合でも、完済までの道筋が立つこともあります。
ただし、毎月の負担が減るということはそれだけ完済までが長引くことになるため、最終的に支払う金利は増えるという点に注意する必要があります。

闇金を利用して借金をしてしまった場合

news (17)

闇金というのは賃金業者としての登録を受けてない業者が違法にお金の貸し付けをすることを言いますが、闇金と言えば法的に決められている上限金利を超えて貸し出しをするというイメージや執拗な取り立てや催促をするという怖いイメージがあります。

しかし、最近の闇金は法律の取締りが厳しくなったこともあって、見た目は消費者金融と変わらないようなところが多く、貸付金利についてもそこまで最初は高くないところが多いのが特徴となっていますが、一度でも利用をしてしまうと借金地獄に陥ることに違いは無いので利用しないように注意する必要があります。
闇金は賃金業者として登録を受けている金融機関と違って法律を無視した貸し出しを行ってくることから、借金返済ができなくて困っている人や借金をしていることによって新規の借り入れができなくて困っている人を対象としてお金を貸して、さらに借金返済が困難になるとあらゆる手段で財産をすべて根こそぎ奪いといっていきます。

ブラックリストに名前が入っている場合に闇金からのコンタクトが増えると言われていますが、これは闇金が非正規ルートで入手したブラックリストからターゲットを絞っているためで、借金返済ができない人ほどターゲットにされやすいので注意が必要です。

消費者金融のような対応をする闇金も多く知らない間に利用していたというケースも最近では増えていますが、このようなことが無いためにも賃金業者としての登録を事前に確認しておきましょう。

過払い請求で借金返済ができることも

現在の上限金利は最大で約20%となっていますが、この金利が高いと思うのは若年層が中心で、中年以上になってくると消費者金融からの借り入れでも金利が50%を超えていたような時代があったため、かなり金利の面では負担が無くなったと言えますが、それでも借金返済ができない人はたくさんいます。

ちなみに、最近は過払い請求という言葉を盛んに聞くようになりましたが、この過払い請求というのは過去に上限金利以上でお金を借りたことがある人が、上限金利を超えていた部分の金利の支払いを取り戻すことができるという仕組みで、借金問題に強い法律事務所を中心として過払い請求を推進しています。

自分には関わりが無いと思っている人もいるかと思いますが、一昔前に借りたことがある人の多くは過払い金が発生している可能性があります。

まずは無料相談などで過払い金の有無を調べてもらうと良いですが、過払い金が戻ってくることによってそのお金を借金返済に充てることも可能です。

借金返済ができない状態が進んでいくと行く先は債務整理という形になる場合がほとんどで、この場合は信用情報に大きな傷がつくことになりますが、過払い請求で戻ってきたお金というのは自分のお金なので、それを借金返済に充てても信用情報に傷はつきません。

ただし、過払い請求は過去10年より前の借り入れに対してはできないというルールがあるので、この前後にお金を借りていた場合は早めに確かめることが大切です。

収入を別の方法で増やす

bank (65)

借金返済ができなくなった場合に、ほとんどの人が現在の収入から考えてどうにかお金を作って借金返済に繋げようとすると思いますが、生活費を節約すると言っても限界があるため、多額の借金を抱えてしまっている場合は他の方法で借金返済の方法を考えていく必要があります。

一番手っ取り早い方法が別で収入を作るという方法ですが、現在の収入で生活が成り立っているのであれば、+αで稼いだお金というのは借金返済にすべて費やすことができると思うので、これによって悩んでいた問題が解決する可能性があります。

最近は他に職があっても派遣に登録しておくことで単発の仕事をすることが可能な場合や短期アルバイトなどの求人も多くあるので、空いた時間を有効に活用して仕事をする方法や定職についていて仕事の時間が日中に限られるという場合は定期的に夜間就業することでも収入を作ることができます。

もちろん別で収入を作ることになると時間が削られることにはなりますが、借金返済ができないで債務整理になることを考えた場合に、債務整理だとブラックリスト入りなので自力でお金を作って借金返済する方がメリットはあります。

ただし、正社員として働いている場合は副業が禁止になっている場合もあるので、その場合は会社に許可をとるか、それが無理な場合は見つかるリスクのことを考えた場合に副業することは得策ではないので、債務整理を検討して借金整理をする方が良いでしょう。

借金問題が表面化する可能性

借金返済ができなくて困っている人の中には家族や会社に内緒でお金を借りているという人もいるかもしれませんが、住宅ローンやマイカーローンのような高額のお金の借り入れになる場合は内緒にすることは難しいものの、カードローンやキャッシングによる借り入れの場合は保証人を立てる必要もないため、誰にも知られることなくお金を借りることができます。

ちなみに収入が少ない主婦や学生においても、最近は主婦専用カードローンや学生専用カードローンなどがたくさん誕生しています。これらのカードローンを利用することによって家族や会社、学校に知られることなくお金を借りることができるようになっています。実際に主婦や学生の中ではお金を借りて、借金返済ができなくなり債務整理になってしまうというケースも少なくありません。普通に借りてきちんと借金返済するのであれば、借金問題が表面化する可能性は少ないのですが、借金返済が滞るようになると、勤務先や家族に金融機関から連絡が届くことになるため、これによって表面化してしまう可能性があります。

親しい人からすると内緒で借金をされていることに対して怒りや悲しみの感情を持つきっかけともなりますが、それがそこで消化されることなく、夫婦なら離婚問題、家族なら疎遠な関係になるなど親しい人を傷つけてしまうきっかけになります。そうならないためにも借金をする時点で相談することが大切で、できるだけ秘密を作らないことが大事です。

借金返済についてのまとめ

bank (63)
日常生活を送る中でよほどたくさんの貯蓄をしてない限り、住宅を購入するという理由や車を購入するという理由、また生活費を補填するために金融機関からお金を借りるという人も少なくないと思います。お金を借りることができるシステムは非常に便利で、特にまとまったお金が必要な場合はお金を借りて、それを返済する際に分割して返済することができるので、一気に返済するのとは違って負担を減らしながら借金返済を目指せるようになっています。

また、最近では様々な金融機関がカードローンやキャッシングなどの利便性の高い少額ローンを提供するようになっており、その多くがインターネット上で手続きすることができるようになっています。インターネットで手続きが出来ると言うことは、窓口に足を運んでスタッフに対応してもらうよりも、気持ち的な面で負担少ない状態でお金を借りることができる環境となっています。気をつけないといけないのはお金を借りるという行為は借金をするという行為であり、そこのところの感覚が薄れている状態でお金を借りる人が増えていますが、これはローンシステムの利便性などが関係していると言われています。

それで借金返済ができるなら問題無いのですが、中には借金をしているという感覚が薄れてしまっていることによって借金返済が進まず、最終的に借金問題を自己解決することができなくなってしまい、法的な手段を取って借金を整理しないといけない状態になる人もいます。一方でどれだけお金を借りてもきちんと借金返済する人もたくさんいるわけですが、借金が返済できる人とできない人の大きな違いは、借金をしていることに対しての危機感や計画性の違いとなっています。

どちらにしても借りたお金を返済するというのは当たり前のことなので、返済することができないという状態を作らないようにしなければいけませんが、そのためにもお金を借りる段階から完済までの道のりを立てることが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 借金に関しての基礎知識

  • 過払い金請求を法律事務所に依頼するには、どうすれば良い?

  • 借金してから借金返済までの流れ

  • ネットバンクに口座を開設するならがどこが良い?

  • ネットバンクを利用するメリットとは?

  • 過払い金が発生している可能性のある人とは、どんな人?