1. TOP
  2. 過払い金請求を法律事務所に依頼するには、どうすれば良い?

過払い金請求を法律事務所に依頼するには、どうすれば良い?

過払い金請求をすることによって過去にまとまったお金を借りていた場合に、そこで発生した金利の一部を取り戻すことができるということで、過去の借り入れを辿って調べる人もいると思います。
グレー金利ゾーンでの借り入れが当たり前のように行われていたのは結構昔のことなので、記憶が曖昧になってしまっているということも十分に考えられます。
曖昧な記憶を辿ったところで信憑性はそこに無いため、実際に払い過ぎたお金があるかどうかということは弁護士や司法書士に相談をして、そこから必要に応じて過払い金があるかどうかということを調べてもらうという方法が確実な方法です。

過払い金請求、まずは無料相談を利用する!

最近は盛んに過払い金請求が行なわれているということもあって、無料の相談会などもかなりの頻度で開催されており、相談会という名目でなくても、借金に強い法律事務所の場合はほとんどのところで払い過ぎたお金に関する相談は無料で受けてくれています。
ちなみに過払い金についての相談をして、そこで払い過ぎたお金の請求をする場合に、失敗してしまった場合は借金があると債務整理という流れになるのが一般的ですが、借金が多くあって払い過ぎたお金について相談をする場合は、できれば債務整理の経験が豊富なところに依頼することをおすすめします。
過払い金請求に対応している法律事務所の中には借金問題に力を入れているところ以外も入ってきているため、依頼するところを選ぶのもポイントになります。

悪質な法律事務所の有無

過払い金請求に関する相談や交渉を依頼するのは弁護士や司法書士、または弁護士や司法書士が在籍している法律事務所が一般的となっていて、最近では過払い金請求に対して力を入れているところも多く見られるようになりました。
法律事務所というのは法の力で自分達を守ってくれるところというイメージがあるので、あまり不安や不信感というのは無いと思います。
しかし、最近は法律事務所に払い過ぎたお金を取り戻してもらうために依頼をして、そこからトラブルになるというケースが増えており、中には過払い金請求をして戻ってきたお金があるにも関わらず、それを法律事務所が隠し依頼主に対して取り戻せなかったと嘘をつき、お金を騙し取るケースも実際には起こっています。
法律事務所に在籍している専門家というのは法律に強い人ばかりであることから、トラブルがあった場合に交渉をしても難航する場合が多く、その場合は他の法律事務所に依頼をして問題解決に向けたサポートをしてもらう必要が出てくることになります。
このような事態にならないためにも過払い金の請求を決めた時点で、できるだけ信頼できる法律事務所の相談をして請求依頼をする必要がありますが、その判断となってくるのはやはり過去の実績になってくると思います。
過去にどれくらいの過払い金請求の実績はあるかということはもちろんのこと、それ以前の実績なども調べるようにすることが大切で、そこから信頼性というのは見えてくると思います。

過払い金請求と借金問題の関係

自分に払い過ぎたお金があると意識するようになったきっかけの一つに、自分が借金をしている状態にあって、債務整理に関する無料相談に行ってそのようなお金があることを知ったという場合や、借金問題の解決方法を調べているうちに過払い金請求という存在をしった人もいるかもしれません。
いずれにしても払い過ぎたお金を取り戻そうとしている人の中には借金を抱えているという人も少なくなく、戻ってきたお金を借金の返済に充てようと考えている人もいるかと思いますが、事前の計算通りに過払い金が戻ってこないということも十分に想定されるため、その場合は借金問題の解決についても同時進行で考える必要があります。
借金問題の解決方法と言えば、債務整理という方法が一般的で、自己破産や個人再生になってくると借金の全額や一部を免除してもらうことができるので、過払い金を請求して戻ってきたお金をどうせ借金返済に充てるのであれば、最初から債務整理をした方が面倒ではないと思う人もいるかもしれません。
しかし、その考え方は間違いで過払い金請求によって戻ってきたお金を借金返済に充てる場合は、自分が払い過ぎたお金を取り返して借金返済に充てるだけなので、自分に落ち度はありません。
債務整理をする場合は本来なら返せないといけないお金を免除してもらうので、金融機関との契約を違反したことになりブラックリストに名前が入るや財産募集などのリスクがあります。

弁護士の過払い金請求の流れ

盛んに行われていた過払い金請求も最近では少し下火になりつつありますが、基本的に平成22年の7月以降にお金を借りた場合は法律の改正によって払い過ぎたお金が発生していないことになっているため、原則として払い過ぎたお金があるケースというのはそれ以前の借り入れになります。
また、時効が10年ということもあって、月日が経つことによって次々と過払い金請求の非対象になる人が増えているなどの理由も、払い過ぎたお金を取り戻さない人が増えている理由です。
いずれにしても平成32年になるまでは払い過ぎたお金が存在している人もいるので、それまでは法律事務所に相談する人もいるかと思いますが、その際に弁護士か司法書士かどちらに依頼しようか悩む人もいるかもしれません。
どちらも払い過ぎたお金を取り戻すことができる専門家ですが、普通に取り戻すだけであれば、弁護士でも司法書士でも対応することは可能になっています。
しかし、交渉によっては金融機関とトラブルになり、そこから裁判になることがありますが、裁判で手続きや交渉ができるのは弁護士となっているため、将来的なことを考えた場合は最初から弁護士に依頼しておいた方が良いかもしれません。
また、弁護士と言っても離婚問題に強い弁護士もいれば、犯罪に強い弁護士がいるように、借金問題に強い弁護士というのもいるので、できれば過払い金の請求に強みを持っている弁護士を探して相談するようにしましょう。

司法書士と過払い金請求の流れ

最近になってよく見かけるようになった過払い金という言葉ですが、法律事務所では様々な媒体を使って払い過ぎた利息を取り戻すことができるということを宣伝していて、この宣伝によって自分が払い過ぎていた利息があったことに気付く人もいるかと思います。
無料の過払い金相談なども多く開催されているので、足を運んでみようと会場に行ってみると、弁護士と司法書士のブースに分かれている場合がありますが、どちらの法律の専門家でも過払い金の請求は行えるようになっているので、それぞれの専門家の違いを把握して自分に合っている方を選ぶと良いでしょう。
ちなみに弁護士の場合は裁判にも強いということで長い目で見た場合に依頼するメリットがありますが、司法書士も払い過ぎたお金を請求することはもちろんのこと、借金問題の解決に向けて債務整理などが必要になった場合でもそのまま借金整理の手続きをしてくれるので、払い過ぎたお金の額が大きくない場合はそこまで大きな違いというのはなく、司法書士の方が費用も安い場合が多くなっています。
また、弁護士だから司法書士だからとこだわるよりも、どちらかというとこれまでに過払い金請求においてどれくらいの結果を残してきたかということの方が大事で、実績を軸に探す方が賢明と言えるでしょう。
その場合は払い過ぎたお金を取り戻すということだけでなく債務整理など借金整理の実績について見ておくというのも忘れないようにしましょう。

法律事務所選びで失敗しないために

せっかく請求することによって取り返せるお金があるのにも関わらず、依頼した法律事務所の手腕が無いことによって請求が不発に終わってしまうこともありますが、そうした場合にきちんと報酬だけは請求されることになるので、こんなことが無いように法律事務所を選ぶ段階から注意したいものです。
過払い金請求を依頼するというところに軸をおいて法律事務所を選ぶ場合は過払い金請求の実績があるところや借金問題に強いところを選ぶというのが基本形となってきますが、最近はインターネットで情報を集めることができるので、十分に活用して信頼できる所かどうかということを調べていきたいものです。
ただし、規模の大きな法律事務所の場合はその事務所での過払い金実績がかなりあったとしても、対応してくれる弁護士や司法書士に実績があるというわけではないので、実績がある弁護士や司法書士に個別対応してもらえるかどうかというのもポイントになってきます。
また、全国規模に展開している法律事務所の場合は電話やメールでのサポートも充実しているため、自分の地域から離れているところでも依頼して問題解決に向けて話しを進めていってもらうことができます。
ただし、書類のやり取りになってくると離れた地域だと郵送などが面倒な場合もあるので、住んでいる地域に過払い金請求の実績がある法律事務所がある場合はそこに依頼して手続きを進めてもらう方がメリットもあるかもしれません。



\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 借金に関しての基礎知識

  • 過払い金が発生している可能性のある人とは、どんな人?

  • 最近よく聞く過払い金。グレーゾーン金利での借り入れとは?

  • 借金してから借金返済までの流れ

  • 借金返済ができない場合の行動例

  • ネットバンクを利用するメリットとは?