1. TOP
  2. 過払い金が戻ってこなかった場合の債務整理

過払い金が戻ってこなかった場合の債務整理

 2016/06/04 債務整理
この記事は約 7 分で読めます。 381 Views

金融機関からお金を借りる場合に、借りたお金は当然ながら返済しないといけないお金ですが、返済していく過程の中で別で出費が必要になったという場合やお金が無くなってしまったという場合は返すお金が無いので借金整理を行う必要があります。
その際にグレー金利ゾーンでの借り入れをしていた場合は過払い金が戻ってくる可能性もあるので、この戻ってきたお金を借金返済に使用することによって借金問題が解決する可能性もありますが、一方で過払い金が戻ってこない場合は任意整理という借金整理から検討を始めることになります。

過払い金が返還されなかった時

meet (4)

ちなみに借金整理をする際は法律の専門家に依頼するという人が多いと思いますが、その際に過払い金の有無について調べてもらえる場合がほとんどとなっているので、法律の専門家に相談をした時点で過払い金という存在を知るかもしれませんが、自分で任意整理をする場合は払い過ぎたお金の存在を知らないまま借金整理をしてしまう可能性があります。
そのため、自分で任意整理を検討している場合も無料の借金相談を受けることはできるので、事前に借金の相談をしてどのような方法で抱えている借金を整理するのが良いか聞いてみると良いでしょう。
また、借金問題に関する相談は借金問題に強い法律事務所に依頼するのがベストな方法となっているので、相談をする前に法律事務所の実績や経歴などを調べて、信頼できるところを選ぶことも大切になります。

02 任意整理のメリットやデメリット

任意整理をすることによって借金の整理を行うことができますが、過払い金を請求して戻ってくるのであれば、そのお金を借金の返済に充てることができるものの、そうでない場合は自力で借金整理を行う必要が出てくるため、その方法として任意整理という選択肢が自然と出てくるかと思います。また、任意整理をする場合は過払い金の有無を調べてもらうことになると思いますが、できれば借金整理の実績があるところで依頼するということが必要になってきます。

 
任意整理をするメリットとして言えるのは、借金整理をした後のリスクが少ないということで、ブラックリストに名前が入ってしまうのは避けられないところですが、それ以外では財産が没収されるということや職業制限のペナルティがあるわけではないので、ブラックリストに名前が入ることで借金ができない環境が作れると肯定的に捉えることもできます。

 
ちなみに任意整理を進めていく場合は過払い金が発生しているかどうか調べることになると思いますが、そこで過払い金があることが分かると任意整理ではなく、まずは払い過ぎたお金を取り戻すことから始めることになります。任意整理も過払い金請求もですが、どちらも弁護士や司法書士に依頼する場合は費用がかなりかかってくることも想定されるため、できるだけ費用を抑えたいのであれば、法律事務所に依頼する前にインターネットを使って相場などを調べておくと良いでしょう。

03 過払い金が戻ってこない場合の個人再生

news (34)

比較的新しい方法の債務整理に個人再生と呼ばれる債務整理がありますが、これも過払い金請求をして戻ってこなかった場合に有効な方法となっていて、個人再生によって借金問題の解決を図っている人もたくさんいますが、任意整理と違って借金のすべてを返済することが目的となっているわけではありません。
基本的に個人再生というのは裁判を通しての借金整理となるので、過去に借り入れた歴史がある場合に払い過ぎたお金が少しでもあるように感じるなら、いきなり個人再生を検討するのではなく、過払い金を調べてもらうことをおすすめします。

 
過払い金請求をして払い過ぎたお金が戻ってきた場合に結構な額が返ってくると、それを借金整理のお金に充てることができます。個人再生は借金の全額を帳消しにしてもらう自己破産と違って、一応は借金完済を目指しているわけですが、それでも借金のかなりの部分を免除してもらうことになるので、これまでにまとまった借金を抱えてしまっていた場合でも、個人再生の申請が無事に通った場合はスムーズに借金問題が解決することもあります。

 
いずれにしても裁判を通す必要があるということで、法律の知識は絶対的に必要な要素となってきますが、必要な手続きや書類についてはインターネットで情報を集めることができるので、中には自分で個人再生の手続きをして借金整理をしているという人はいるものの、それだとかなりの時間がかかってしまうことになります。

04 個人再生と特定調停の違い

これまでに借り入れたお金があった場合に、かなりの利息を支払っているのではないかと思い、借金問題に強い法律事務所に駆け込んで過払い金の調査をしてもらうという人も増えています。過払い金を調べてもらって自分に払い過ぎたお金があると分かっても、過払い金請求をしたからと言って必ずしも全額が戻ってくるということではないので注意する必要があります。

 
無事にお金が戻ってきたならそれに越したことはありませんが、もし戻ってこなかった場合に借金を抱えてしまっているという状態なら、その借金をどうにかする必要が出てきますが、その方法として任意整理が難しい場合は特定調停という流れになるのが一般的となっています。特定調停も裁判所を通しての借金整理になるということで、個人再生と似ている部分もあるのですが、それぞれの違いとしては個人再生の場合は借金を大幅に減らしてもらって、それから少しずつ返済をしていくという方法で、官報に名前が載るなどのデメリットがありますが、かなりの時間がかかるのも特徴です。

 
一方で、特定調停になってくると個人再生と同じ裁判を通しての手続きになると言っても、基本的に特定調停の場合は簡易裁判による手続きとなってくるため、あまり時間がかからないというメリットがあります。また、手続きそのものも個人再生に比べるとそこまで困難ではないため、中には自分で手続きを進めて借金整理をするという人もいるくらいです。

05 過払い金が戻ってこない場合の自己破産

最近は過払い金の無料相談をしているところもかなりありますが、自分が過去にお金を借りたことがある場合に少しでも余分に利息を払っていると思っている場合はできるだけ無料相談を受けて過払い金があるかどうか調べてもらうことをおすすめします。自分ではないと思っていても、意外とあるのが過払い金の特徴で、それを請求したからと言ってその金融機関からお金を借りることができなくなるくらいのデメリットしかないので、ブラックリストに名前が入るなどの心配は不要です。

 
過払い金の請求を検討している人の中には過去に多重債務の状態にあり、現在もその時の借金を引きずったままという人もいるかもしれませんが、多少の債務なら過払い金が戻ったらそのお金を借金返済に充てることができます。それが難しい場合でも任意整理や特定調停で借金問題を解決することができるものの、そうでない場合は個人再生や自己破産が必要となりますが、個人再生の場合は安定した収入があることが前提となっている借金整理なので、無職の場合は必然的に自己破産という選択肢になります。

 
また、過払い金を請求して戻ってきたお金で借金の返済が進まない場合も必然的に債務整理という形になり、そこで任意整理や個人再生が難しい場合も自己破産という形になりますが、自己破産をすることによって借金を帳消しにすることができる一方で、様々な罰則があるので最終手段と捉えることが大切です。

06 自己破産のリスクを知ろう

news (17)

過払い金の有無を調べてもらう人の中にはかなりの借金を抱えていて、少しでもその借金を減らしたいという理由から過払い金を調べている人もいますが、それが無理な場合は債務整理を検討しているというケースも少なくはありません。債務整理を進めていくにあたって、最初は任意整理を検討して、そこで借金整理が難しい場合は裁判を通した特定調停や個人再生という方法の債務整理を検討することになり、借金の完済を目指すのですが、そこでも借金整理が難しいという場合は自己破産という債務整理になります。

 
自己破産をすることで借金が無くなるというメリットがありますが、これは他の債務整理と大きく異なる点で、他の債務整理は借金の一部を減らすことはあっても、借金の完済を目指している債務整理であるのに対して、自己破産については借金を返済することが前提となっていないため、それなりにリスクを伴います。

 
また、自己破産をしてしまうと過払い金の請求が難しくなることがあるので、少しでも払い過ぎたお金が過去にあると思う場合は自己破産の手続きを進める前に、必ず過払い金について調べてもらうようにしましょう。自己破産のリスクとしてはブラックリストや官報に名前が入ってしまうということに加えて、住宅や車などの財産が没収され、貯金がある場合は貯金についても没収の対象となります。また、就ける職業に制限がかかるので関連している仕事に就いている場合は仕事を失う可能性もあります。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムル~グローバル経済から日本国内の貧困問題まで~21世紀ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムル~グローバル経済から日本国内の貧困問題まで~21世紀ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集者

この人が書いた記事  記事一覧

  • 借金返済ができない場合の行動例

  • 過払い金請求を法律事務所に依頼するには、どうすれば良い?

  • 借金返済には債務整理が有効!弁護士に相談するにはどうのようにすれば良い?

  • 過払い金が戻ってこなかった場合の債務整理

関連記事

  • 借金返済には債務整理が有効!弁護士に相談するにはどうのようにすれば良い?

  • 個人再生とは その基礎知識

  • 債務整理とは

  • 裁判所での自己破産の手続きの流れについて

  • 主婦が借金で首が回らなくなったら債務整理はどのように?

  • カードローンの返済に悩む時、採るべき2つの分かれ道とは?