1. TOP
  2. 連帯保証人とは

連帯保証人とは

連帯保証人は借金をしてしまった人が何らかの理由があって借金をしてしまった全額が返済できなくなってしまったときに、借金をしたその人の代わりに借金を返済しないといけない人を連帯保証人と言います。この連帯保証人は子供が借金をしてしまったときに親が払っていくものとは全く異なる性質になり、あくまでも法律的に「お金を返す義務を負う人」のことを連帯保証人と言います。

 

保証人になってしまったら借金をしてしまった人がその借金を払えなくなってしまったら、いきなり保証人になった人が借金を払わなくてはいけなくなり、急に支払いなさいという命令をされてしまうところが怖いところです。

 
この連帯保証人はお金を借りる以外でも様 々な場面で連帯保証人が必要になってきます。例えば賃貸物件を借りるときも連帯保証人が必要ですし、新車で車を購入する際にも連帯保証人が必要になってきます。連帯保証人は借金以外にもこのような場面で必ず連帯保証人が必要になってきます。万が一のことを考えると連帯保証人になるのは怖いところですが、どうしても連帯保証人にならなければいけない場面が出てきてしまう場合もあります。

日本人は優秀なのです

キャッシングの世界を見ていて思うのは、日本人は優秀だと言う事です。世界中で無担保融資の事故率の低さはダントツだと思います。借りたものは返すという基本を多くの人は忠実に守っているのです。

そして破綻する人もある意味で優秀です。とにかくもがいてお金を工面し、何とか返済を乗り切ろうと努力してくれるのです。また保証人もその責任を果たそうとしますし、親類縁者が集まって債務を返済しようともします。

 

これは日本人が人様に迷惑をかけない事を教育されていると言う事もありますが、努力をする事を惜しまないという性質にも起因しているでしょう。

 

しかし、これが良い事とは限りません。既に債務超過で破綻しているのに、必死に努力をしてしまうのです。この様な事を繰り返せば傷は広がり大きなダメージになってしまいます。それでもなお必死に繰り返す人が多いのです。アメリカのペイデイローンは給与を担保に小額の融資をしますが、その金利は数百%になります。担保していても超高金利です。イギリスの庶民向けの無担保融資も同様に凄い金利で融資しています。これらが意味するのは返済しない確率の高さが日本とは比べ物にならないくらい高いという事です。無いものは払えないという開き直るような利用者が多いのです。

 

日本人の真面目さや優秀さはとても誇りに思えますが、破綻してもなお頑張ってしまうのは考えものです。早い段階で手を打てば問題なく完済出来るかもしれないのに、目先の返済を重要視して現状を変えようとしません。優秀である事は全てにおいて良い事では無いのですから、立ち止まって自分を見つめ直す時間を持って欲しいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • キャッシングの契約をしても利用しない人が相当数存在する理由とは?

  • 消費者金融で専業主婦は借入できる?

  • みなし弁済の違法判断によって過払い金請求がはじまった

  • 割賦販売法

  • いろいろある借金の形と借金返済について

  • サラリーマン金融、いわゆる消費者金融の今