1. TOP
  2. ヤミ金融とは

ヤミ金融とは

よくテレビやニュースで話題になっていた「ヤミ金融」。いったいどのような業者で普通の金融と何が違うのだろうか。キャッシングやローンの借入額やその金利に関しては、法律で定められている。法律に従い、登録された指定業者が金銭の貸し借りをおこなっているのだ。ヤミ金融は、財務省や都道府県に貸金業としての届け出をおこなっていない業者のことである。国に登録されている業者は、法律の下に公正な条件で融資をおこなっているが、ヤミ金融は不法な高金利やその他多額の手数料を巻き上げる。違法営業をおこなっているため、表向きに宣伝などはしておらず、国の目を盗んで営業している。一般的に、借金を返しきれなくなり、他の金融業者から借り入れたお金で延滞した借金を支払っているような多重債務者は、このヤミ金融の巧妙な手口につけ込まれやすいとされている。
返す当てのない、他の金融機関からも見放されてしまった多重債務者に近づき、低金利や好条件を提示し、借り入れさせるが、その後様々な名目で、金利や手数料は膨らみ、とんでもない額を背負わされることになるのだ。また、その借金の取立には借金取りと呼ばれる暴力団関係者が取立てに来たり、金融会社自体が暴力団関係であることも多い。悪徳金融業者は借り入れの際に、低金利で消費者を安心させておいて、後からその他の手数料の名目で多額のお金を搾り取る場合があるので十分に注意が必要だ。もし、計算された実質年率の他に手数料その他、様々な名目で利息以上の返済を求める会社は法律に違反したヤミ金融の可能性があるので注意したい。

ヤミ金融の手口

ヤミ金融の手口は、現在も増え続けており、その巧妙な手口から思わぬところで巻き込まれてしまう場合があるかもしれない。では、ヤミ金融からお金を借りてしまったり、借りた覚えはないのに多額の請求が届いた場合にどう対処すればいいのだろうか。

まず間違ってもお金を支払わないようにしよう。一度でも支払ってしまうとお金を搾り取れると判断してその手口や、催促がますます激化するからだ。
支払ってしまえば、それで縁が切れるなどという甘いものではなく、支払えば支払うほど深みにはまっていくのだ。万が一、借りてもいないのにそのような連絡がきたり、手紙が届いたら、絶対に返事をしてはいけない。

また、お金を借りにいったお店がヤミ金の業者であった場合、なんとしてもお金を貸そうとしてくる。もともと、借りるつもりがあって、執拗に勧誘されれば気の弱い人間であればついついここでいいかと借り入れしてしまうが、ヤミ金では絶対にそれをしてはいけない。もし借りてしまった、または連絡がやまない場合は、法律事務所や弁護士に相談をするのがいいだろう。たとえ、借入額の返済が済んでいなくとも、ヤミ金業者に返済自体、する義務がないのだ。弁護士に相談する事でヤミ金業者に連絡が行き、返済の債務から開放されるだろう。彼らヤミ金業者は、違法な営業をおこなっているため、その立場から弁護士を敵に回せばどうなるかくらいはわかっているからだ。

例え、個人的な理由でヤミ金から借金をしていたとしても、相手がヤミ金融であった時点で1円も返済する義務はないのだ。最終的には、法律の力を借りて対処する。決して自分の判断で支払ってしまわないように注意が必要だ。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アルバイトやパートでも審査を通る?

  • カードローンの上手な利用の仕方をご存じですか?

  • 総量規制入門

  • 利息制限法とは

  • 総量規制とは、どういうことでしょうか

  • 収入があれば収入・所得証明書なしに契約出来る!?