1. TOP
  2. 住宅ローン、マイカーローンでは購入金額以上の借り入れができない

住宅ローン、マイカーローンでは購入金額以上の借り入れができない

 2016/05/20 個人の経済と借金問題
この記事は約 4 分で読めます。 258 Views

新しく家を購入する際に一括で購入する人は稀でしょう。大体の場合は住宅ローンを組み事で分割して支払いを行っているものだと思います。通常であれば店舗型の銀行で借りるものですが、ネットバンクでも住宅ローンを行うことが可能です。特にネットバンクでの住宅ローンのメリットは、通常の銀行で借りる場合の金利と比較して安い金利で利用することができることが嬉しいポイントですね。

 

また生活に余裕が出た時に繰り上げで返済を行いたい時も場合によってはあるでしょう。ある程度お金がまとまれば、住宅ローンの返済に充てたい場合にもネットバンクでの住宅ローンであれば繰上返済の手数料が無料であるなど魅力的なサービスの提供を行っています。ネットバンクであれば住宅ローンでの金利そのものも安く、返済負担を軽減することが可能です。ネットバンクは通帳の発行を行わない、店舗の無いネットのみでの取引など様々なコスト削減の工夫を行っています。サービス内容に支障の無い範囲での経費削減を行うことにより、低い金利でのローンなどの形で私達に還元されるわけです。

 

インターネットを利用した取引ということで不安を感じる人もいるかもしれませんが、ネットバンクはセキュリティ面での対策もきっちりと行われていますので心配することはありません。但しパスワードやIDなどのログインに使用する番号は自分以外の人に知られない様にきっちりと管理する様にしましょう。これは通常の銀行のATMでも言えることですが、パスワードが第3者に知られてしまうことは非常に危険です。わかりにくい番号にする等きっちり注意する様にしましょう。

住宅ローンやマイカーローンでは、それ以上の借り入れが出来ないので

住宅ローンやマイカーローンなら、住宅を購入するだけの費用、車の購入金額分だけ借り入れすることができますが、それ以上の借り入れをすることはできません。一方でカードローンだと、必要な金額以上のお金を借りることもできるのです。
では、いったいいくらまで借りることができるのでしょうか。以前ならカードローンの審査が甘く、ある程度融資額も優遇されていました。しかも複数のカードローンを持てば、さらに借りられることもあります。ただそれにより、返済が困難になり、多重債務、カード破産になる人も増えてしまったのです。そのため、自殺する人急増してしまいました。それを防止するために、貸金業法で総量規制が設定され、年収の3分の1を超える借り入れをすることができなくなっています。

 

この年収の3分の1というのは、1社からの借り入れではなく、すべての借り入れが3分の1ということです。もしも、年収300万円の人がA社から50万円、B社からも50万円の借り入れをしていたとして、新たにC社から借り入れをしようとすれば総量規制の3分の1の額100万円を超えてしまうので借り入れできなくなるのです。そのため、いくらまで借り入れできるかと言われたら、単純計算では年収の3分の1までということになります。

 
ですが、銀行カードローンのキャッシングの場合には、総量規制の対象にはならないものもありますから、その限りではありません。ただ、だからといっていくらでもOKというわけではなく、審査があり返済できるそれ相応の金額になるでしょう。

カードローンはどこも同じ?

『カードローンはどこも同じ』と思っている人が多いかと思います。たしかに少額の借り入れで、すぐに返済するつもりなら数%金利が高くてもそれほど大きな差にはなりません。そして、審査が早くても、今すぐお金が必要という人でなく1週間待ってもいいというのであれば、どこも同じようなものです。
ただ、カードローンによってはさまざまなサービスがあり、そのサービスによって得をする場合もあります。そのため、それらのサービスでカードローンを選ぶというのもひとつの方法でしょう。

 

もしも、借り入れをしてすぐに返済するつもりというのであれば、一定期間だけ無利息というカードローンもあります。借り入れした金額だけを返済すればいいので、いくら低い金利の銀行のローンといえどもかないません。また、入会することでポイントが加算される、というカードローンもありますし、優待サービスを受けられるというものもあるのです。また、会員になると、パソコンから借り入れの状況をすぐにチェック、繰り上げ返済・一括返済のシミュレーション、WEB上での即日振込もできるなど様々な特典があるものもあります。

 

こういったサービスをよくチェックしておくと、より返済額が少なくできたり、他ではできないようなメリットを経験することができるのです。もし、金利や知名度などでも、甲乙つけがたく、なかなか決め手に欠ける、という場合には、サービスの面も選ぶポイントにしてみてもいいかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムル~グローバル経済から日本国内の貧困問題まで~21世紀ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムル~グローバル経済から日本国内の貧困問題まで~21世紀ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集者

この人が書いた記事  記事一覧

  • 借金返済ができない場合の行動例

  • 過払い金請求を法律事務所に依頼するには、どうすれば良い?

  • 借金返済には債務整理が有効!弁護士に相談するにはどうのようにすれば良い?

  • 過払い金が戻ってこなかった場合の債務整理

関連記事

  • ネットバンクを利用するメリットとは?

  • 最近よく聞く過払い金。グレーゾーン金利での借り入れとは?

  • 過払い金請求を法律事務所に依頼するには、どうすれば良い?

  • 借金してから借金返済までの流れ

  • ネットバンクには通帳がない?

  • 借金に関しての基礎知識