1. TOP
  2. 収入があれば収入・所得証明書なしに契約出来る!?

収入があれば収入・所得証明書なしに契約出来る!?

カードローンを申込むには収入がある事が求められます。

その昔サラ金と呼ばれていた消費者金融ですが、その名前の元がサラリーマン金融です。サラリーマンとは給与所得者と言う意味ですから、その頃から収入を前提にした無担保の融資と言う意味なのです。現在は無収入の専業主婦は単独での契約は出来ません。アルバイトやパート等の収入があれば普通に契約出来ます。ただし、総量規制がありますので、収入の証明を必要とされる場合もあります。実はこれにも落とし穴があります。

 

バイト収入が月3万円程度でも50万円の融資枠の契約が出来る場合があります。実は一定金額以下の融資枠を契約する時には収入の証明を省略している場合があり、消費者金融側で年収を想定して契約しているのです。年収36万円の人が50万円の融資を受ける事が出来るのは少々荷が重い状態です。

 

確かに利用者にとっては有利な判断かもしれませんが、返済能力を超えた融資は危険ですので注意しましょう。自由に使えるお金を考えた上で、収入が低い人はカードローンの利用を良く考えましょう。返済が厳しくなって遅延したりすると家にも電話が来ますし、督促の郵便も来るようになります。家族に内緒にしている場合、このような状態では直ぐにバレてしまう事になるでしょう。借金は借りれるから借りるのではなく、借りれるけど借りないを基本にして慎重に利用するものなのです。そうしないと自分の責任能力を超えて場合悲惨な事態になってしまうのです。

使用目的は問われないのがカードローンの利点

カードローンは、使用目的は何でもOKです。例えば、テレビやパソコンなどの電化製品を購入したい、新発売のブランドのバッグを購入したい、旅行に出かけたい、という娯楽のために使用する、といっても問題なく借り入れすることができます。銀行の一般的なローンだと、使用目的が明確でないと借り入れすることができない場合もあります。そのため、目的が娯楽では審査が通らない可能性もあるのです。もちろん、カードローンでも収入に見合わないような金額であれば借り入れすることはできませんが、電化製品やブランド品、旅行というと、せいぜい高くても10~20万円程度でしょう。カードローンによっては貸金業法の総量規制が対象になる場合もあります。もしも総量規制があったとしても、10~20万円の借り入れであれば単純計算で年収60万円、月収なら5万円もあれば引っかかりません。そのためたいていの娯楽なら問題ないでしょう。

ただ、それがギャンブルとなると話は別です。もちろん、使用目的は問われませんから、使い道はパチンコでも競馬でも関係ありません。ですが、やはり審査の際の印象が違ってきます。もちろん、使用目的にパチンコや競馬と記入しても審査が通るかも知れませんが、念の為ギャンブル目的に使用する、ということは正直には記載しない方がいいでしょう。使用目的は何でもいいのですから、単純に生活費とか旅行、と書いておいた方が確実かもしれません。本当はウソを書いてはいけませんが、それくらいのウソはついたほうがいいでしょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 今すぐお金が必要な時に即日融資してくれるのは

  • 主婦が借金で首が回らなくなったら債務整理はどのように?

  • アルバイトやパートでも審査を通る?

  • 専業主婦がカードローンを申し込む時の審査はどうなる?

  • キャッシングの契約をしても利用しない人が相当数存在する理由とは?

  • ブラックリストなんて存在しない!【これ、本当?】