1. TOP
  2. 櫻井よしこ AIIBアジアインフラ投資銀行について見解を述べる

櫻井よしこ AIIBアジアインフラ投資銀行について見解を述べる

中国が中心となって設立を目指す国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」です。

 

ちょっとコチラご覧頂きたいんですけどもこのアジアインフラ投資銀行と言いますのは、え~経済発展にともなってインフラの整備が必要となる途上国に資金を貸し出す目的で創られる国際銀行、で、え~中国の莫大な資金が発展途上国のインフラ整備に使われることになり、当初は500億ドル、将来的には1,000億ドルの資金を供給するとしていて加盟国は、え~東南アジア諸国など21ヶ国が入っています。で一方、もともと同じような目的のために創られたコチラ、アジア開発銀行(ADB)というのがあるんですね。

 

 

こちらは日本やアメリカが中心となり、歴代総裁を日本人が務める組織なんです。で加盟国は世界67の国と地域となっているんですけれども、櫻井さん、これすでに似たような性格のものがあるにもかかわらず、中国がアジアインフラ投資銀行を創った狙いはどこにあるんでしょうか?

 

 

櫻井よしこ

あの中国はね、このアジア開発銀行の総裁のポジションを得たいということで、かなり運動した時期がありますよね。アジア開銀の総裁は伝統的に日本、それからその世界銀行は伝統的にアメリカ人、そして国際通貨基金IMFは伝統的にヨーロッパ出身の方ということでですね、これはある種の秩序で変わらなかった、そこで、まあ中国は自分たちも力をつけてきたので、やはり自分たちの思うような形で、え~金融というものをやってみたい、そのもう一つの柱が人民元の国際通貨化ということですけれども、それで始めたんですね。

https://youtu.be/V2U9SXEiShg
で1,000億ドルというと100円換算でだいたい10兆円ですね、ADBアジア開発銀行が今7兆5,000億円くらいの貸出残高ですね、それからもうその世銀が30兆くらいですが、そのくらいですからね、最初500億ドルで5兆円、まあこれどのようになるかわかりませんけど、まあ、あまりね、当初の融資の条件をどのようにするのかということについても中国はこれまで政治的な融資がかなり多かったですからね、本当に商業ベースできちんとした回収も出来るのかということも担保してやっていただかないと、これは国際金融秩序に大きな負の影響を与えますからね、
これ中国に責任を持ってやって欲しいと思います。これからどうなるか分からないと思いますよ。

 

え~凌さん(日中科学技術文化センター理事長・凌星光氏)いかがですか?


はい、このアジアインフラ投資銀行が出来たことはね、これは現在の国際金融に対する大きな影響を与えると思いますね。え~この中国側の思惑と言いますか、目的はひとつは周辺諸国との関係強化、まあ今回21カ国が参加しましたけれども、え~それによって中国の平和外交を展開するという、経済の協力を通してですね、
もう一つはですね、既存の国際経済秩序と言いますが、これは完全にAPEC先進国主導なんですね。え~日本がかつてIMFにかなりのウェートを、アメリカに次ぐかなりのアレを出しましたけども日本はそこの重要な役職に就けないと、これは大変・・・・・・・・・つまり、完全に欧米主導なんですよ。え~中国が今、資金的に大変余裕が出てきて、そしてこう援助したい、まあ◯◯でやっていますよね、しかしやはり透明性を高めるためには国際的に・・・・・・・・・たしかにアジア開発銀行は日本のかつて大きな役割を果たしたけれども中国がウェートを高めると、日本もアメリカも反対なんですよ。

 

今度、総裁を譲らないとならないから。規定がそうなってるんですよね。だからそれだったらアジアインフラ投資銀行は中国主導でとならざるを得ないんですね。

 

司会「ホスト狙いですか?じゃあ」

 

 

ホスト狙いというよりも今、資金が足らないんですよ。そして世界銀行もアジア開発銀行もそれを賄えないんです。で、もっと増やせば良いんですけど、増やすのは中国しかないんですよ。
他の国、日本もアメリカも出したがらない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

櫻井よしこ

あのね、やっぱりお金というものはどういう風に、何のために使うのかということがとっても大事なんですよね。で今、凌先生は条件を付けることがいけないとおっしゃいましたけれども、アフリカ諸国の独裁国に対してね、大量な国民を虐殺している国に対しても、中国はこれまでもその国の国内事情は問わないと言って、融資をしてきたわけですね。

 

 

で、もちろんその国は発展したいんでしょうけれども、発展したいんであれば、やっぱり国民を虐殺したりですとかね、環境も著しく破壊したりするようなことは止めましょうと。異民族を排除するようなことは止めましょうと、
やっぱり大枠のルールがなければ、やっぱり私達のお金は使うべきじゃないと思うんですね。
私はだから一定の条件を付けるのは先ほど凌先生も仰った、中国政府も仰っている、文明的な視点からもこれは本当に大事なことなんですよ。だから私はあの、中国は一方で文明的にやりなさいと言いながら、コッチでは全然そんなことは関係なくやるっていうのはね、矛盾をしていると思いますね。それに、そのたしかにね、

 

続きは
【櫻井よしこVS凌星光】中国主導のAIIBなんか信用できるはずがない!中国の本当の狙いは米抜きの金融戦略基盤づくり!
https://www.youtube.com/watch?v=V2U9SXEiShg

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 中国GDP成長率の減速 24年ぶりの低水準 中国経済崩壊はいつ?

  • 【備忘録】バブルの時代のサラ金・消費者金融【MEMO】

  • 高金利とインフレ

  • AIIB(アジアインフラ投資銀行)は中国共産党が支配する直属機関、合議制などあり得ない

  • 中国の外貨準備高は「見掛けだけ」で使えない AIIB(アジアインフラ投資銀行)のインチキ

  • 【MEMO】経済用語など【備忘録】