1. TOP
  2. ネットバンクを利用するメリットとは?

ネットバンクを利用するメリットとは?

利用者に様々なメリットのあるネットバンクですが、そのサービスの一つに振込手数料が割安であることがあります。ネットバンクでは実際の店舗を持たずに人件費や建物などの維持費といったコストを抑えている代わりに、削減したお金を振込手数料やATM引出手数料という形で還元してくれているのです。同一のネットバンク同士であれば基本的に振込手数料が発生することはなく、24時間いつでも手続きを行うことが可能です。

bank (38)

通常の銀行での振込手続きとなると日中に時間を作り、銀行へ実際に行かなければいけませんがネットバンクではその様な負担を解消する事が出来ます。インターネットを利用しているからこそ出来るサービスとして時間と場所を制限されることなく手続きを行うことが可能である点が挙げられます。仕事で毎日時間に追われていたりすることもあるでしょうし、主婦の人でも子供の世話や家事を行っていると案外自分の時間は取れないものです。少しの空いた時間を有効に利用するための方法として、場所や時間を選ばずにインターネット環境さえあれば作業が出来るネットバンクは生活の負担を少しでも軽減してくれる便利な仕組みであると言えるのではないでしょうか。

 

金利面でもネットバンクは従来の店舗型の銀行に比べて優れています。これはネットバンクがコストを削減することによって不要な経費を抑える事が実現出来ている点に大きく関係しています。特に定期預金であればその金利の違いはわかりやすいものがあります。

ネットバンクは定期預金の金利が高い

まだまだ認知が薄い感があるネットバンクではありますが、ネットバンクでしか無い様々なメリットがあります。上手に利用することで生活を便利にすることも出来ますので内容を理解した上で再度検討してみるのはどうでしょうか。まず最大のメリットとも言えるのが一般的な銀行に比べて貯金金利が高く設定されていることでしょう。特に定期預金で預ける際には数倍近くの大きな違いが出てきます。数倍の違いがあるといっても1%以下の少ない比率の数字ではあります。

 

しかしどうせ長期間保存するのであれば少しでも多い金利のところに預けたいと考えるものでしょう。貯蓄の全額をネットバンクにするのは抵抗を感じるかもしれませんが、貯蓄用口座の一つとして考えてみる価値は十分あると言えるのではないでしょうか。またネットバンクは基本的に24時間いつでも利用することができます。振込作業なども仕事が終わって自宅に帰ってから手続きをするなどの選択肢が可能なのです。ネット環境があれば作業を行うこと可能という点も助かりますね。

 

またATMの利用手数料も無料というケースが多く、コンビニなどで急にお金が必要になった場合でもネットバンクであれば余計なお金を使うことなく引き出すことが可能です。便利な一方でパスワードなどの情報は他人に知られない様に十分気を付けましょう。通常の銀行でのキャッシュカードでも同様に言えることですが、すぐにわかる様なパスワードは使用しない様にするなど工夫することも大切です。

スズメの涙ほどの利息ではありますが・・

近年少しずつ普及してきているネットバンクですが、具体的に金利は一般的な銀行と比較してどのぐらい異なるのでしょうか。まずネットバンクが利子を高く設定することが出きる理由ですが、ネットバンクが基本的に店舗を持たずにインターネット上で取引される銀行であることが言えるでしょう。

bank (40)
通常の銀行で当たり前に行われているサービスをしない代わりに経費を削減することで利子という形で私たちに還元してくれているわけです。現在は超低金利な時代と言われており、一般的な銀行での利子は0.001%というほぼゼロに近い金利なのです。これでは仮に1000万円もの金額を預けたとしても一年間で100円の利子しかつきません。

 

 

さらにここから税金が差し引かれますので実際の利子はさらに低い数字になります。ネットバンクの場合は銀行により内容異なるものの、一般的な銀行よりも高く設定されていることが多いです。ネットバンクの場合、実際の店舗を持たずに通帳も発行されることが無いのが普通です。通常の銀行に慣れていると一見不便に感じるかもしれませんが、現金の引き出しにはコンビニ等に設置されているATMなどを利用することで解決することが出来ますし、取引履歴はインターネット上で確認する事が出来ますので特に不自由を感じる事はないと思います。また振込の手続きがインターネット上で行うことが出きるなど、ネットバンクならではのサービスもありますので様々な使用方法をすることが可能です。

ネットバンクのセキュリティはどうなの?

ネットバンクのサービスを扱っている企業は幾つかありますが、各社でサービス内容が同じわけではなく金利や提供しているサービス内容など異なっています。色々なネットバンクの特徴を理解することで自分に適したネットバンクを使う様にしていきたいですね。ネットバンクを利用するのが初めての場合、比較するにしてもどこを比較すればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。イメージ的にネットバンクは実際のお店が無く利用するのが不安だと感じる人も多いと思います。

 

 

しかし過度に心配する必要はありません。通常の銀行であれば当然の様に設置されている相談窓口や通帳は確かにネットバンクの場合はありません。しかしインターネットが普及している現在ではメールなどの連絡方法もあるなど、ネットバンクならではのサービス提供方法もなされています。通帳が無いと内容がわかりにくく不安だという人も中にはいるかもしれませんが、インターネット上で取引履歴を見ることで補うことができます。請求書がメールやインターネットを通して送られてくることも増えてきていると思いますが、イメージとしてはその様な流れに近いですね。ジャパンネット銀行は日本において最初に出来たネットバンクです。当然歴史も他のネットバンクに比べて長く、インターネットで貯金する際に最も気になるセキュリティに関しては安心できるものがあります。金利など他のサービスにおいては他社と比べ大きく目立つものは無い様に感じるかもしれません。

 

 

しかし一生懸命貯金してもそれが何らかのトラブルで無くなってしまっては、元も子もありません。安心して貯金していくためにセキュリティ面は非常に重要なポイントなのです。

まとめ

一般的な銀行と比較して金利面で優れているネットバンクなのですが、なぜ金利を高く設定することが可能なのでしょうか。同じ様に預けているのに、一般的な銀行とネットバンクで金利が異なっているのには理由があります。最大の理由をネットバンクはインターネットである点を活かし出きる限りコストを削減していることが考えられます。店舗を持たない、通帳を発行しないなどがその例です。

bank (41)

 

店舗を構えるとなると、建物の維持費、人件費や光熱費など軽視することのできない費用が発生します。銀行の金利は私たちが預けたお金を企業への貸し付けで使うなど運用することで得られた利益より発生しています。店舗維持のために経費が発生すると当然それだけ還元される原資が少なくなるわけです。
通帳についても作成するための人件費や資材費などといった経費が当然発生します。一人分の口座に対しての通帳作成額などそんなにかかるものではないでしょうが、それが預金者全員分となりますと相当な金額になるのではないでしょうか。こういったインターネットだからこそ実現することの出きる経費の削減を徹底することで高金利でのサービスを実現しているわけです。

 

銀行とは関係ありませんが、現在ローコストの飛行機などのサービスも行われていますが、これも経費の削減を徹底しているからこそ実現出きるサービスです。値段重視でクオリティを追求したいのであればこういったサービスを上手に利用することで生活をより豊かにすることができるかもしれませんね。またネットバンク口座にはクレジット機能やキャッシング機能がプラスされているものがあります。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 過払い金が発生している可能性のある人とは、どんな人?

  • 住宅ローン、マイカーローンでは購入金額以上の借り入れができない

  • 借金してから借金返済までの流れ

  • 最近よく聞く過払い金。グレーゾーン金利での借り入れとは?

  • ネットバンクには通帳がない?

  • ネットバンクに口座を開設するならがどこが良い?