1. TOP
  2. おまとめローン【多重債務に苦しんでいる人の解決策】の問題点とトラブルとは?

おまとめローン【多重債務に苦しんでいる人の解決策】の問題点とトラブルとは?

多重債務に苦しんでいる人の解決策の一つの手段であるおまとめローン。おまとめローンで多重債務を一本化し、借金を完全返済したというケースも多く報告されています。

また、かつて整理屋と呼ばれた多重債務の一本化をユーザーに持ちかけ多額の手数料を騙し取られるユーザーも減りました。

金融ビックバンによる規制緩和で誕生し、多重債務者の強い味方となっているおまとめローンサービスですが、少なからずトラブルも発生しています。

おまとめローントラブルで最も多いのは、保証会社の絡んだトラブルです。

おまとめローンサービスを取り扱っている保証会社のほとんどは担保・保証人を必要としません。保証人を必要としない背景には多重債務を抱え、担保を持っていなかったり、保証人となってくれる人が居ない方が多いと言うことがあると思われます。

各金融機関は担保・保証人の代わりとして保証会社に保証を任せています。延滞した場合この保証会社が銀行の代わりにえ督促状を送りつけ、返済を迫ると言うトラブルが報告されています。

しかもこの保証会社が結局の所、消費者金融で、厳しい督促、取立てを迫られる事になり、結局多重債務の負担が増えてしまったと言うケースもあるようです。結局消費者が闇金融へ流れて行ってしまい、最悪の事態になってしまいます。行政でこのようなケースにメスを入れて欲しいところですが、残念ながら消費者金融が金融機関の保証会社になるケースは違法ではありません。おまとめローンを申し込む際には金融機関の保証体制について確認する必要があります。

おまとめローンの登場により悪徳業者が減った

おまとめローンが誕生した事で、世の中は大いなる変化を遂げました。まず変わったのは悪徳業者が減った事です。おまとめローンが存在しなかった時代に多重債務を抱えた債務者は個別の返済に四苦八苦していました。悪徳業者は多重債務者に目をつけ、弁護士や司法書士で無いのにも拘らず「債務処理を請け負います」、「債務処理のスペシャリストにお任せください」などと嘘八百ならべたDMなどを送りつけ、多重債務者に近づきます。

藁にもすがる想いの債務者を整理屋は徹底的に食い物にします。超高額な悪徳弁護士の紹介や高額な手付金や減額処理などと称して複数回に渡り高額な手数料を要求します。印鑑証明や委任状へのサインも要求されるケースもありました。債務者は「弁護士の先生に任せてあるから大丈夫」と詳細を確認しないケースがほとんどで、月日をかけて財産を搾り取られ、気がついてみたら状況が悪化しているのです。悪化した状況に多重債務者はまさに首が回らない状態となり、命を絶つケースもありました。

おまとめローンが誕生した事で整理屋がもちかけていた「多重債務の整理」を金融機関に委託することが出来るようになったのです。おまとめローン誕生後も整理屋はしぶとく存在しているようですが、2000年代におまとめローンが世間一般に認知されてから、整理屋が絡む事件の件数は減少傾向にあります。また、おまとめカードローンがクローズアップされる事で悪徳業者である整理屋への認知度も高まり、犯罪の抑止にも繋がっています。

おまとめローンは違法ではないのか?

東京スター銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行と言った金融機関から、オリックス・クレジット、アコム、モビットと言った大手金融機関が提供しているおまとめローンサービス。2000年代から運用され始めたサービスで、もちろん法的に見ても合法です。

しかしおまとめローンは違法ではないか?と言う声も根強くあります。おまとめローンサービスを受けたとしても借金の元本が減らないと言う声や、逆に負担が増えた!と言うケースも報告されています。また、おまとめローンサービスで減った負担で更なる借金を重ねるケースもあるようです。金融庁は多重債務者を救うはずのおまとめローンが逆に多重債務者の温床になりかねないとして、違法と言う判断はしていないものの、注意喚起しています。

おまとめローンの法律的判断は、非常に難しいものとなっています。おまとめローンは不当性が表面化しづらいと言われています。そして、新しいサービスのため判例が少なく、利益を優先する弁護士が引き受けようとしないのです。

弁護士の中には、正義感を持っている方も居て、実際におまとめローンの裁判が行われています。平成21年に広島地裁でおまとめローンに関する裁判が行われました。原告は過払い状態だったものの、おまとめローンを業者の言うがままに契約。借金は完済したものの、担保に自宅を要求され、支払いが滞り自宅が競売にかけられてしまいます。これは違法であるとして、訴えを起こしたのです。

広島地裁は過払い状態でおまとめローンを契約する事は錯誤により無効と言う判決を下しました。これにより過払い状態でのおまとめカードローンは、無効と言う事になりました。サービス申し込みの前に、自分の置かれている状況を冷静に分析する事が大切です。

借り換えをする方法も

カードローンは、金利が高いというイメージが強いのですが、条件によっては必ずしもそうとは限りません。融資限度額が高くなればなるほど金利がどんどん低くなっていくのです。逆に金利が低いというイメージが強い銀行のローンでも、フリーローン等になれば9.0%~12.0%という金利になることも少なくありません。そのため、場合によってはカードローンの方が金利が低くなる可能性もあるのです。もしも、カードローンの方が金利が低いのであれば、そのカードローンで借り入れをして、金利の高いローンを返済してしまうという、借り換えをする方法もあります。金利が低くなることで、毎月の返済額が少なくなったり、返済期間が短くなったりするのです。ただ、カードローンの場合は繰り上げ返済は手数料がかからないのですが、その他のローンだとかかる場合がありますから、借り換えの際にはそれを含めて検討しなければいけません。

また、なかにはカードローンをいくつも持っているという人もいます。例えばA社からは20万円、B社からは50万円、C社からは30万円、そしてこれからまたカードローンを作ろうとする場合もあるでしょう。そんな時には、いろいろな会社から借り入れをせずに、1本にまとめてしまうといいでしょう。上記の場合はほとんどがそのカードローンの会社の最高金利で契約していることと思います。ですが、これを1本にすることで金利が低くなることがあるのです。もちろん、そのためには審査が通らなければいけませんが、もし可能ならおまとめローンとして活用してもいいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 総量規制とは、どういうことでしょうか

  • 銀行での主婦キャッシング事情は?

  • 銀行と消費者金融の提携

  • 来店不要のキャッシングがやはり便利ですよね

  • 総量規制入門

  • 主婦だけれどキャッシングしたい! そんな時は