1. TOP
  2. アルバイトやパートでも審査を通る?

アルバイトやパートでも審査を通る?

カードローンでは収入があれば契約出来るという事をご紹介しましたが、では実際にはどの程度の収入で契約できるのでしょうか。

収入の証明書が要求されない範囲の融資枠であれば契約出来る可能性があります。

しかし、収入の証明書を求められた場合は、年収の3分の1までと言う総量規制の規定がありますので、その数字に従うことになります。

50万円程度の融資枠では収入証明を求められない事が多いようですが、これ以上を希望する場合は年収が150万以上となるような収入の証明を提出する必要があります。

これはパートやアルバイトではかなり大きな数字になりますので、実際問題としては厳しいかもしれません。毎月13万ほどの収入があれば可能となるのですが、地域によっては最低時給が安い為、フルタイムのアルバイトでも厳しい場合があるのです。

他社の借入がなければ融資枠100万円までは収入の証明を必要としないとしている業者もあるようですが、業者毎に違いますので確認をしてみてください。

収入の証明が必要ない事を利用して年収に適当な事を書くと、後で大変になるかもしれません。収入の記入欄は正直な数字を書くようにしましょう。

毎月5万の収入の人は総量規制の上限が20万円となります。基本的には自分の年収から計算した総量規制の上限が融資枠の上限になると思って下さい。

もっと融資枠が欲しい場合は仕事を増やして収入を上げれば可能となります。これは契約後にも増額申請として受け付けてくれますので、問い合わせてみても良いでしょう。

カードローンを申し込める会社

カードローンを申し込んで、実際に借り入れをするためには、各カードローンの会社の審査が通らなければいけません。では、その審査が通らなかった場合には、他のカードローンも審査が通らないか、というと、そういう訳ではありません。
カードローンの会社はいろいろあり、その会社ごとに審査がおこなわれます。審査基準としては、年収、職業、年齢、家族構成、住まい、返済履歴などさまざまなポイントを審査されます。その基準に満たなければ、審査が通らず融資不可ということになるわけです。

ただ、その審査基準は会社ごとに違うのです。そのため、A社では家族構成を重視するために、扶養家族が多いから融資不可となっていても、B社ではそこは重要 視しない、というケースもあります。また、過去に一度でも返済遅れがあったという履歴があっただけで審査が通らないというところもあれば、しっかり返済し ていれば問題ないとしているところもあるのです。

このように、審査基準が違いますから、万が一、1社で審査が通らなくても、他のカードローンを申し込めば審査が通ることもあります。そのため、諦めずに複数のカードローンを申し込んでみるといいでしょう。

 
ただ、総量規制の対象になっているカードローンで、すでに借入総額が年収の3分の1に達しているという場合は、他の即日 カードローンでも審査は通らないでしょう。1社で断られる、ということは、その会社では返済ができないと思ってのことですから、もしも他の会社で審査が 通ったとしても返済は楽ではないでしょう。そのため、より計画を持って利用するようにしましょう。

カードローンはどのようなシステム?

カードローンのシステムは非常に利用者の利便性に配慮されています。配慮され過ぎていて、利用者が不用意に利用してしまう程なのです。

カー ドローンの名前の由来でもありますが、契約を行うと専用のカードが発行されます。このカードを利用して自由に出し入れが出来るのがカードローンの特徴でも あります。返済は月1回の期日までに支払う必要がありますが、借入は何時でも好きな時に行えるのです。そして、提携している金融機関やATMでの利用が可 能ですので、自分の預金からお金を引き出しているのと変わりない感覚で利用出来てしまうのです。

ちょっ とコンビニに飲み物を買いに行きお金を借りてくる事がいとも簡単に出来てしまうのです。人に見られたくない消費者金融の支店や専用ATMにすら行かずに利 用出来てしまいますので、罪悪感も覚悟も感じなくても良いのです。カードローンはこの様に利用が簡単に出来ていますので、利用する側にルールや自己管理を 必要とする金融サービスです。

それを忘れて利用してしまえば、後に待つのは高金利でなかなか減らない返済です。小額ならそれ程ではありませんが、金額が増えてしまうと砂山の砂を手で運ぶ様な感覚です。まるで減っている実感が持てないような返済を長期間行う必要があるのです。

カードローンやネットキャッシングはお金が出てくる魔法のカードではありません。自分の収入や返済計画を考えた上で慎重に利用するものなのです。その事を忘れないように注意して利用しましょう。

カードローンのイメージは

カードローンと言うと、どうしても悪いイメージがいつまでも残ってしまいます。特に『消費者金融』と聞くと、イコールヤクザと思ってしまう人もいまだにいるのではないでしょうか。

実際、消費者金融と言っても、今は健全で貸金業法で定められた金利以上は請求できませんし、借り入れする際にも総量規制により年収の3分の1を超える借り入れもできません(銀行カードローンは対象外)。

しかも、よくドラマにあるような強引な取り立てや嫌がらせなどは今は禁止されており、電話で返済を迫るだけでも違法になってしまうのです。そのため実際は借りる方が計画性を持って利用すれば問題ないのです。

ただ、なかには闇金、サラ金と呼ばれる悪徳金融業者もあり、そちらも実際は『消費者金融』というネーミングは使えないのですが、実際は消費者金融と名乗って運営しています。

そのため、そういった会社から借りてしまうと法外な利息を請求され、ドラマであるような摂りたてもあるかもしれません。ただ、実際、借りてみないと、そこが闇金か健全な金融機関か分かりません。

ですが、それを知るには、知名度で選んでもいいでしょう。テレビCMなどでよく聞くようなアコム、モビット、プロミス、といったような消費者金融、オリック スなどの信販会社、その他大手銀行が発行しているカードローンなどを選んでおけば間違いはありません。間違っても聞いたことのない金融機関や、電話や FAXなどで即日 借入れOKで『低金利、高額融資』などと紹介してくるようなところからは借りないようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • クレジットカードと総量規制の関係は

  • いろいろある借金の形と借金返済について

  • 無担保の融資 それがカードローン

  • このカードローン会社は総量規制の対象となるの?

  • 銀行と消費者金融の提携

  • 総量規制の対象となるのは例えばこんなカードローンです