1. TOP
  2. 銀行での主婦キャッシング事情は?

銀行での主婦キャッシング事情は?

 2016/04/17 ローン・キャッシング・クレジット
この記事は約 13 分で読めます。 236 Views

01 三菱東京UFJ銀行での主婦キャッシング事情

三菱東京UFJ銀行は、日本で最大規模のメガバンクです。その三菱東京UFJ銀行におけるカードローン商品では、主婦もキャッシングを利用することが可能です。しかもこれは、消費者金融のキャッシング商品や、信販会社のカードローン商品とは異なって、パートやアルバイトをしている主婦、という意味だけではなく、そのような仕事をしていない専業主婦であっても可能である、という意味です。

money (15)

もちろんこれは「主夫」であっても同様です。つまり、配偶者に収入があることによって、申請を行うことができるわけですね。

 

もともと三菱東京UFJ銀行は、銀行であるゆえに管轄法は銀行法で、貸金業法の総量規制は無関係でありますから、消費者金融業者や信販会社のように、専業主婦に貸付をおこなったあとに離婚されてしまうと、違法性が問われてしまう、というようなリスクを考える必要がないわけですね。

三菱東京UFJ銀行には、二つのカードローン商品があり、ひとつは口座開設不要で500万円まで融資を受けることができるバンクイックであり、もうひとつは三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード(つまり口座開設が必要)をつかって、融資を受けることができるもので、こちらは初回30万円、契約6ヶ月経過後に100万円までの利用限度額を設定することが出来るカードローン商品です。このいずれのカードローン商品であっても、主婦は職の有無にかかわらず申請資格を満たしていますので(審査に通るかは別ですが)、検討対象に入れておいてはいかがでしょうか。

02 三井住友銀行

三井住友銀行は、規模において三菱東京UFJ銀行を追うメガバンクです。三井住友銀行にはそのものずばり三井住友銀行カードローンという商品があり、これは年率4.0%から14.5%と、消費者金融や信販会社のカードローンに比べますと、(どこの銀行でもだいたいそうですが)低い金利で借入を行うことができます。

 

このカードローンの特徴は、利用限度額上限が800万円と、非常に高額である、という点ですね。さて、このカードローン商品の申請条件はというと、継続的に安定した収入のあること、となっていますので、原則としてパート・アルバイト勤めをしていない無職の専業主婦・主夫の場合には申請ができないということになっています。ただし、この申請条件における「原則」という表現には何となく含みが感じられます。もしかすると、相談にのってくれるのかも知れませんが、その詳細については、ケースバイケースでしょうから個別にお問い合わせください。逆に、パート・アルバイトで継続的かつ安定した収入さえあれば、申請条件を満たしていることにはなります。

 

ただいっぱんに銀行カードローンは、消費者金融等と比べて、若干審査ハードルが厳しいとも言われているので、審査条件を満たしているからといって、融資が受けられるとは限りません。三井住友銀行カードローンは、収入○○万円以上、というような条件は記載されていませんが、かといって、収入が1円でもあればオッケーというようなものでもありませんから、あまり楽天的に臨まないほうがベストです。

03 みずほ銀行

みずほ銀行といえば、三菱UFJフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループと並び、日本における三大メガバンクのひとつと並び称される金融機関です。旧・安田財閥系の金融機関ですね。その保証会社であるオリエントコーポレーションはこのみずほ銀行グループの企業となっています。上限1,000万円までの利用限度額を設定できるのがみずほ銀行カードローンの最大の特徴です。

 

また、小口融資においても、他の銀行に比して低金利という特徴があります。このみずほ銀行のカードローンにおける、主婦・主夫のキャッシング状況はどうなのでしょうか。みずほ銀行は、まずその申請条件が安定して継続した収入のあることとなっていますから、パート・アルバイトをしていれば、その条件を満たすことが出来ます。

 

ですので、パート・アルバイトをしている主婦・主夫であれば申し込むことは出来るわけですね。さらにみずほ銀行カードローンですと、配偶者貸付が認められていますので、自分本人に収入がなかったとしても、やはり原則申請を行うことが可能となっています。

 

この場合、利用限度額100万円超の場合には、源泉徴収票などの所得証明の提出を求められますので、その点だけ、注意をしましょう。みずほ銀行は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行とは異なっていて全国のローンカード発行のための機械があるわけではありませんから、ローンカードが郵送されるまで待機する必要があります。その点は、頭に置いておきましょうね。

04 りそな銀行

りそな銀行はなかば慣習的に「メガバンク」と呼ばれることはないのですが、その売上高や総資産を見ると、十分のメガバンクと呼びうる規模の銀行です。表だってはりそなホールディングスが持株会社として、世間にアピールしていますよね。

ds54745 (202)

りそな銀行には、二種類のカードローン商品が存在しています。ひとつは、小口専用のクイックカードローン(30万円型・50万円型・70万円型・100万円型の各コースより選択)、そしてもうひとつは、利用限度額800万円まで選択できるプレミアムカードローンという商品です。まず前者に関してですが、こちらは安定して継続した収入があれば申請可能ですが、配偶者貸付は行っていません。

 

また後者のプレミアムカードローンの場合には、年収400万円以上という年収制限があり、同時に配偶者貸付はおこなっておらず、さらに主婦・主夫だけではなく、パート、アルバイト、学生、個人事業主、親族で同事業を営む給与所得者も申請不可となっていますので、けっこう条件が絞られていると言えます。

 

ですから主婦・主夫でりそな銀行から借り入れを希望する場合には、クイックカードローンが良いでしょう。こちらはりそな銀行の普通預金口座が必要であり、また100万円型コースを申請するときは収入証明が必要ですので念頭に置いておきましょう。ちなみにプレミアムカードローンは、りそな銀行普通預金口座を事後的に開設すれば良いので、申請時に普通預金口座がなくても申込を行うことが可能です。

05 オリックス銀行

バッファローズ(すこし前ならブルーウェーブ)のオーナー会社として有名なのがオリックスです。オリックス自体は日本最大手のリース会社ですが、このオリックスグループにあるのがオリックス銀行です。このオリックス銀行も、カードローンを発行しています。

 

さて、主婦・主夫のキャッシング事情として、このオリックス銀行カードローンはどうでしょうか。オリックス銀行カードローンは、800万円までの利用上限を設定できる使用範囲の広いカードローン商品ですけれども、その申請条件として年収200万円以上、という条件が設定されています。

 

したがって、残念ながら専業主婦・主夫の申請は不可能です。もちろん、200万円以上の収入がありさえすれば、パート・アルバイトをしている主婦・主夫であればその申請資格を満たすことが出来ます。オリックス銀行カードローンの金利設定は少し特殊と言いますか、新生銀行のカードローン商品の「レイク」と似たところがあります。それはどういうことかというと、100万円までの融資において、その金利がやや高めである、ということです。

 

もちろん、金利幅が設けられているので一概に高いというわけではありませんが、パート・アルバイト水準の収入ですと、おそらく消費者金融並の金利ということになるでしょう。オリックス銀行カードローンに申請するに際しては、そのような点を頭に入れておきましょうね。ちなみに保証会社は同グループのオリックス・クレジット株式会社が担っています。

06 横浜銀行

地方銀行として、全国的にトップレベルの規模を誇るのが、横浜銀行です。地方銀行とはいえ、神奈川の都市を支える銀行ですから、あまりローカルな印象を持ちづらい、とも言えるかも知れません。横浜銀行には、二種類のローンカード商品があり、これを用いてキャッシングを利用することが出来ます。

 

ただ、二種類と申しましても、ひとつは横浜銀行のキャッシュカードである横浜バンクカードを用いたキャッシングとなります。この横浜バンクカードでのキャッシングでは、専業主婦・主夫の場合、キャッシュカードにローンカード機能を付けることは出来ません。いっぽう、横浜銀行の口座開設が不要のカードローンとして、QYQY(クイッキー)という商品があります。

 

こちらは、専業主婦・主夫であっても、配偶者に安定して継続した収入さえあれば、その申請資格を満たせることになります。QYQYは、10万円型・30万円型・50万円型のいずれかのコースから利用限度額を選択でき、その金利は一律で17.6%となっています。ちなみにもうひとつの横浜バンクカードでのキャッシングでは、取引状況に応じ、10万、30万、50万、100万、300万のなかから利用限度額を選択でき、金利は100万円型までが13.5%、そして300万円型が8.5%となっています。

 

保証会社は、横浜信用保証株式会社となっており、これは横浜銀行グループの企業となっています。注意すべきは居住条件が存在しており、神奈川県全域かもしくは東京都の指定の市・区に居住していることが条件となりますので、申請の際には要注意ですよ。

07 常陽銀行

茨城県の地方銀行としてその名が知られる常陽銀行は、地方銀行のなかで非常に大きな規模を有する銀行です。三菱東京UFJ銀行とは旧・財閥の系譜において、東京川崎財閥が両行に関与しているため、その関係は親しいとされています。

 

この常陽銀行には、おおきく4つのカードローン商品があり、ここで使途自由のキャッシングサービスを利用することが可能です。それは、「キャッシュピット」「常陽ベストカード」「常陽ベストカードアルファ」「常陽ベストカードプレミア」の4つですが、常陽ベストカードアルファは勤続年数1年以上、前年度収入400万円以上という条件があります。また常陽ベストカードプレミアは、常陽銀行において住宅ローンを組んでいる場合に利用できるものです。

 

それに対して常陽ベストカードのほうは、小口融資用のカードとなっていますが、原則として安定して継続的な収入が必要となりますから、専業主婦・主夫の場合は基本的に不可であると思われます。最後のキャッシュビットに関しても、やはり申請条件は安定して継続した収入があることが条件となっているために専業主婦・主夫の申請は不可ですが、何らかのパート・アルバイトに就いていれば申請資格を満たすことになります。

 

キャッシュビットは利用限度額500万円までの、比較的大口にも対応できるキャッシング商品であり、金利は7.8%~14.8%となっていて、いかにも銀行カードローンといった低金利が実現されています。ただし主婦・主夫の場合は上限30万円までとなっているので注意をしましょう。

08 近畿大阪銀行

近畿大阪銀行は、地方銀行ではありながら、全国3大メガバンクの親会社りそなホールディングスの完全子会社となっています。完全子会社となったのは、2001年のことであり、その前年である2000年に近畿銀行と大阪銀行が合併することで近畿大阪銀行が発足しています。大阪銀行が存続会社となっています。

 

この近畿大阪銀行には二種類のカードローン商品があります。「近畿大阪プレミアムローン」と「カードローン・シンプル」の二つです。「近畿大阪プレミアムローン」のほうは、70万、100万、200万、300万の4種類の限度額から選択できるシステムになっています。こちらの申請資格は、年収が300万円以上という条件があり、パート、アルバイト、主婦・主夫、個人事業主などは申請ができないことになっています。

ds54745 (343)

ですので専業主婦・主夫がこちらのカードローンでキャッシングを行うことが出来ません。いっぽうの「カードローン・シンプル」のほうは近畿大阪銀行の普通預金口座を持っている人を対象にしたカードローンで、限度額のバリエーションは先の「プレミアムローン」と同じですただし、安定した収入さえあればパート、アルバイト勤務であっても申請することが可能です。

 

ただし、いずれのカードローン商品も、近畿大阪銀行の営業区域内に居住・勤務していることが条件ですので、近畿地区に居住している方が、対象となりますので、その点は頭に入れておきましょう。保証会社はシンプルのほうがりそな銀行カードローンと同じくりそなカード株式会社、プレミアムがオリックス・クレジット株式会社となっています。

09 楽天銀行

いまやネット利用者であれば誰でも知っているのが楽天です。この楽天グループとして楽天銀行があります。そのカードローン商品である「楽天銀行スーパーローン」を用いることによって、キャッシングサービスを利用するこができます。

 

さてこの楽天銀行スーパーローンのキャッシングサービスは、主婦・主夫でも利用可能なのでしょうか。まずこのスーパーローンでは特段の収入制限がなく、安定して継続的な収入があれば申請資格を満たすことになりますので、原則としてパート・アルバイト収入があれば主婦・主夫でも申請することは可能です。

 

ただし逆に、収入のない専業主婦・主夫ですと申請資格を満たさないことになります。楽天銀行スーパーローンは利用限度額ごとに、金利が一律に定まっているのではなく、楽天銀行側の与信によって、ある一定の金利幅のなかで金利が決定されるというタイプのカードローン商品ですから、場合によっては、メガバンクや地方銀行などよりも低い金利で借入を行うことが出来ます。申込もインターネットから手軽に出来ますので、パート、アルバイトをしている主婦・主夫の方は、一度申請してみても良いでしょう。

 

仮審査の結果も、比較的素早く返答があります。素早すぎて、一瞬で審査に落ちてしまうという場合もありますが、その際には、別の金融機関に急いで登録するということはせずに(申込ブラックになる恐れがあるため)余裕をもって金融機関を吟味してみることをお勧めします。

10 新生銀行

新生銀行と言いますと、「外資系」のイメージが強い銀行ですが、それは過去の話であって、現在では外資系という呼び名は適切ではありません。前身機関が経営破綻した際の、米国パートナー企業は、すでにそのパートナーから撤退しているので外資系とは呼べないわけですね。

 

さて、この新生銀行は、「新生銀行カードローンレイク」というカードローン商品を発行していますので、ここで使途自由キャッシングを利用することが可能です。この「レイク」というブランドは、テレビコマーシャルなどでかねてより有名でしたが、もともと「レイク」というのは、それこそ外資系企業であるGEキャピタルが関与していた消費者金融会社でした。

 

ただ、一連の貸金業法の改正によって、日本市場での旨味が消え失せましたので、GEキャピタルは撤退してしまいました。さてこの新生銀行カードローンレイクの申込条件は、継続して安定した収入があること、が条件となっていますから、パート、アルバイトをしていればそれで申請資格を満たすことになります。

 

ただ、このことはつまり、パート、アルバイト等の収入のない専業主婦・主夫は申請できない、ということになります。配偶者貸付を別途で受け付けているわけではないので、専業主婦・主夫は残念ながら利用は出来ません。レイクの特徴は、小口融資(100万円まで)ですと、消費者金融業者と似たりよったりの金利(ただし判定によっては15.0%の金利も可能)ですが、上限である500万円に近づくほどに、メガバンクのカードローンよりもさらに低利の融資が実現できる、という点にあります。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムル~グローバル経済から日本国内の貧困問題まで~21世紀ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムル~グローバル経済から日本国内の貧困問題まで~21世紀ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集者

この人が書いた記事  記事一覧

  • 借金返済ができない場合の行動例

  • 過払い金請求を法律事務所に依頼するには、どうすれば良い?

  • 借金返済には債務整理が有効!弁護士に相談するにはどうのようにすれば良い?

  • 過払い金が戻ってこなかった場合の債務整理

関連記事

  • 無職、ニートでもお金を借りることが出来る?

  • 主婦が借金で首が回らなくなったら債務整理はどのように?

  • 専業主婦がカードローンを申し込む時の審査はどうなる?

  • いろいろある借金の形と借金返済について

  • カードローンの審査

  • アルバイトやパートでも審査を通る?