1. TOP
  2. クレジットカードと総量規制の関係は

クレジットカードと総量規制の関係は

貸金業法における総量規制は、販売信用に関わる与信枠には関係がありません。

したがって、クレジットカードにおけるいわゆる「ショッピング枠」は、この総量規制で計算される対象にはなりません。

ですから、たとえばショッピング枠での分割払いやリボ払いの残高と、新規借入希望額との合計が申請者の年収の3分の1を超過していたとしても、ショッピング枠は無関係なので、総量規制の規制対象とはなりません。

01 クレジットカードの割賦枠は関係ある?

ただし、消費者金融業者であれ信販会社であれ、あるいは銀行のカードローン商品であれ、その審査においては、指定信用情報機関への問い合わせが行われ、そこではクレジットカードの与信枠についても情報が記載されていますから、その枠がどのくらいで、審査時点での分割残高がどのくらいであるか、といった部分は、ひとつの審査材料になることは否定できません。

ds54745 (204)

やはり、法律上は関係がないとは入っても、貸金業者の側は、貸し倒れのリスクがあるのかどうかという点こそが大問題なわけですから、そのような情報は参照できるのであれば、必ず参照することになります。

 

またちなみにクレジットカードのショッピング枠についても同様に、割賦販売法において、年収の3分の1以下という基準とは違うかたちで、目安の基準が設けられており、この基準に準じて与信枠が決定されなければならないことになっています。ショッピングにせよキャッシングにせよ、借入の総量についてのデータは、どのみちチェックはされるということです。

02 クレジットカードのキャッシングは?

クレジットカードのキャッシングは、ショッピングとは異なり、しっかりと総量規制の対象に該当します。要するにこれは、信販会社が発行するローンカードが総量規制に該当するのと全く同じことです。

ds54745 (202)

ただ、クレジットカードの場合は、ローンカードとは異なっていて、キャッシング枠とショッピング枠の両方が設けられているという特殊な状況にあります。そして、ショッピング枠が総量規制の影響を受けないとは言っても、実際上は、割賦販売法による別様の基準によって、借入額を差し引いて考えなければならない、ということがありますから、実質的に、ショッピング枠というのは、キャッシング枠をもとに定められている、という側面があります。あるいは与信枠の中にショッピング枠があり、さらにその中にキャッシング枠がある、というのが実際上の枠の当てられかたであると言えるでしょう。

 

総量規制は、このようにクレジットカードのキャッシングにも影響を及ぼしますが、ローンカードの申請とは異なり、クレジットカードの場合には、アルバイト・パートをしていない専業主婦の場合でも、容易に申請できるのが普通です。あるいは18歳以上であれば、親権者の同意サインのもとで申請できるカードがたくさんあります。

 

このような場合には、ショッピング枠は設けられますが、キャッシング枠は年収3分の1ルールによって、収入がなければ0円となります。しかし、収入が少しでもあれば、1万円や5万円といった少額のキャッシング枠がつくことがあります。

03 非キャッシングのクレジットカードも総量規制無関係

クレジットカードには、キャッシング枠がついているのが、国内では普通です。

それどころか、実は国内のクレジットカードの収益構造というのは、キャッシングの手数料(金利)収入がその大半を占めているのです。ゆえに、2010年の出資法改正によって、消費者金融専業業者だけではなく、信販会社や流通系クレジットカード会社(これも要するに信販会社に当たりますが)もまた、経営の危機に迫られた、という実情があります。

ds54745 (158)

しかし、すべてのクレジットカードにキャッシング枠がついているわけでは、ありません。有名なのが、アメリカン・エキスプレスです。アメリカン・エキスプレスのカードは、かつてはキャッシング枠が存在していたものの、2012年の6月13日に、そのサービスが終了しました。アメックスはかねてよりT&Eカードとして、高いシェアを誇っており、VISAやMasterCardなどの米国メガバンク系ブランドに唯一対抗し得る力を持っていた(いまでも強い勢力をもっていますが)会社です。

 

そのサービスの柱は、レジャー、旅行におけるコンシェルジュサービスであり、その高品質のサービスを提供するために、年会費は高く設定されています。そしてアメックスはこの年会費収入をベースに収益をあげているのです。

 

ゆえにアメックスのクレジットカードには、総量規制が無縁です。国内クレジットカード業界も、最近ではキャッシングに依存しない収益構造に向けて模索を続けています。自動車系クレジットカードは、自動車販売店でのサービスや故障時のフォローなどのサービスで年会費を徴収している面があるので、アメックス型に近いと言えるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 銀行での主婦キャッシング事情は?

  • このカードローン会社は総量規制の対象となるの?

  • 専業主婦がカードローンを申し込む時の審査はどうなる?

  • サラ金規制法とは

  • おまとめローン【多重債務に苦しんでいる人の解決策】の問題点とトラブルとは?

  • 無担保の融資 それがカードローン