1. TOP
  2. 生活保護費の減額は違法と訴える 北海道札幌市の生活保護受給の実態

生活保護費の減額は違法と訴える 北海道札幌市の生活保護受給の実態

道や札幌市などに対して、札幌や北海道に住む生活保護受給者142人が「生活保護費の基準額引き下げは違法」とし引き下げの取り消しを求める訴えを11月28日に起こした。

 

その主張は「生活保護費の引き下げは憲法の保証する生存権の侵害にあたる」としたもの。

 

このような訴訟は全国14地裁で既に起こされているそうで、原告弁護団によると札幌がその中で最も原告者数が多いという。

 

提訴したのは札幌市を中心に北海道内に住む30代から80代の男性および女性となっている。

https://youtu.be/sz89PlxIFaw

 

原告側の主張は「保護費削減により憲法が保証する健康で文化的な最低限度の生活に満たない生活を強いられることになった」としている。

 

 

原告の後藤昭治団長(76 札幌市厚別区)は、保護費削減によって友人の葬式にも香典を用意できないことから参列もできない。これが最低限度の生活なのか、と訴えたという。

 

 

当然ながら、この訴えには反発を感じる一般市民、国民が多い。このようなコメントがネットにも上がっている。

・月に5千円でも貰えれば大感謝するのに、なんなのだろうか、この人は。意味が分からない。
・北海道の場合は情報に何ら信用性がない。本当に赤が強すぎる。
・裁判する金で葬儀に出たら
・働いているが香典も出すことができないし、働いていても最低限度の生活をおくれないのですが
・我々の税金で香典とは
・家にこもっているいれば良い。人並みの暮らしをしようとするな
・タダ飯のうまいことうまいこと
・葬式って飲み食いするところなんだよね。彼らにとって。
・TVで観たが、結構まともなスーツを着てぬかしてたよなこの爺さん。笑わせるなっていうの
・はたらけ
・生活保護なんて酒のんでパチンコやっているやつなんて数え切れないほどいるんだけど
・税金で香典もらっても故人が浮かばれないだろ
・香典が無いことを恥ずかしいと思うのなら生活保護を受けていることも恥じろ

 

 

このように辛辣なコメントがネットでは寄せられたようです。たしかに働いてもギリギリの生活を送っている人も多く、その方たちの心情を逆撫でするような訴えでもあるかもしれません。
「友人の葬儀にも参列できいない」 生活保護費の減額は違憲 受給者が札幌地裁に提訴
https://www.youtube.com/watch?v=sz89PlxIFaw

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 昨年度の生活保護不正受給件数は4万3000件!

  • 生活保護を受ける働く世代がどう自立できるのか

  • 在日韓国人・朝鮮人の高額な生活保護を受けている実態

  • 大阪市における生活保護とハローワークでの求職活動の実態

  • 日本に住む韓国または北朝鮮国籍の人達の生活保護受給率は

  • 小坂英二東京都荒川区議「タブーなき告発」 CGS神谷宗幣が訊く!