1. TOP
  2. 大阪市における生活保護とハローワークでの求職活動の実態

大阪市における生活保護とハローワークでの求職活動の実態

大阪市の生活保護受給者は14万7千人を超えました。このまま行けば15万人を超えるのは時間の問題です。
12月に支給された保護費はいつもの月より金額が多くなっていました。

~~画面に映しだされた支給袋には
平成22年12月分 生活保護費支給額 ¥138,000- 大阪市浪速区保護福祉センター

スタッフ「いつも年末は多いんだ?」
受給者「いやちょっと覚えてないけど」

経済が永く低迷する中、都道府県が定める最低賃金で働いたとしても生活保護費に満たないという逆転現象が起きています。
苦労して働き先を見つけたとしても給料が保護費よりも低ければ働く意欲を失い、保護から抜けられなくなる人が現れても無理はありません。

生活保護行政を担当する現場の職員は危機感を募らせています。

(大阪市浪速区生活支援担当課長)
「やっぱり1番には仕事が無い、無いと言ってもアルバイトすら無い、アルバイトでも競争、アルバイトでも経験豊富な人を経営者は採るからね、

落ちる人はずっと落ちてゆく、アルバイトすらダメということで自信をなくす、その時に病気にもなってくるということでね、悪い循環になる、
それは仕事があらゆる方面、いろんなところがあれば働けるんですけども、働くところが無い、で自分が落ちる、自信をなくす、その繰り返しみたいなんで、もうコレでいいやという形でね
生活保護にドップリと、まあ本人はそうない思ってないやろけども、やっぱりそこに依拠するいうんか、すっと体置いてしまうとか」

(大阪市浪速区 浅野宏子区長)
「年金の問題は前から言われてまして、一生かけた年金よりも保護費のほうが高いのは、それはオカシイという話はずっとあったんですが
ここにきて働くよりも保護費の方が大きい(高い)という問題が出てきましたから、そこでこのままの状態を続けてどんどんどんどん失業された方が
生活保護の受給者になるって、しかも再就職のクチはあまりないし、働いたとしても生活保護費よりも少ない場合が多いということになったらなかなか脱出出来ない、
そしたらこの制度はこの先何年続くんだろうという不安感はありますけど」

12月半ば、毎年この季節になると求人の数が減ります。38歳のハマダケイスケさんは、それでも毎日のようにハローワークに通っていました。
まずかつて派遣労働者として身をおいたコンピューター業界の求人を探します。しかしほとんどがシステム開発や画像処理などの経験を必要とするもので
メンテナンス一筋だったハマダさんの応募できる仕事はありません。
「応募条件に満たないというのが・・出てきてるんで実務経験必要ってやつばかりなんです。これも全部、開発の経験とか・・」
年内に仕事を見つけることは難しそうです。

コウチさんは予行演習をして受けた税理士事務所の面接でまたしても不採用とされてしまいました。面接官が6人もいたことに驚き、緊張して準備していた言葉が出なかったと言います。
「一人づつ質問されるのかなあと」
(ハローワーク職員)「コッチも想定外だったもんなあ」
「そこでねキャリアがないからどこまで専門的なことを聞かれるのか不安もあって、質問されているときに他の質問を想定して考えてしまって質問に合うような回答が出来なかったことも失敗だったかなと思います」

応募した会社が100社を超えているコウチさん、生活保護を受けながらの暮らしが3年目に突入することになりました。
「このまま自分の一生が終わるのかなと、時々そんな不安にまで、、、でもそんなことで終わりたくないと思うんですけど結果としてそのままずっと引きずってきているので、もう自分ひとりだったらどうしていいかわからない状態です。」

なんとか生活保護から抜け出したいと話していたミヤタさんです。
ミヤタさんはビルの管理会社の面接を受け、経験を買われて3つのビルを管理して欲しいと言われていました。しかしブランクがあるため自信を持てず断ったといいます。
「3つも出来ないですよ、ということで」
ハローワーク「その出来ないというのはどういう判断をされたんですか?」
「合わないという」
ハローワーク「向こうが?」
「自分自身が。面接しても3つも持てない、ひとつだけでも充分なのに、悩んでどうないしようかなあと」
ハローワーク「というのはしんどいという意味?」
「しんどいということ」
ハローワーク「そうか、もったいなかったなあ、口惜しいな、ちょっと。そこまでこうてくれてはったんだけど」
「ものすごく考えたんですよ、どうしようかなと」

ハローワーク「そうですね、ここで躊躇されたらキツイなというのはあるね、もう~頑張ってよ、って思う、まあでも気持ち的にはね、どうしても前から年内中には決めたいとおっしゃってるんで、なんとか数を行ってもらうと。」

https://www.youtube.com/watch?v=YOCxxv1NY7s

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • アジア系外国人女性の生活保護費不正受給を追跡

  • 生活保護を受ける働く世代がどう自立できるのか

  • 昨年度の生活保護不正受給件数は4万3000件!

  • 日本に住む韓国または北朝鮮国籍の人達の生活保護受給率は

  • 生活保護ビジネスの真実 ドキュメンタリー番組から

  • 小坂英二東京都荒川区議「タブーなき告発」 CGS神谷宗幣が訊く!