1. TOP
  2. 第2期安倍政権の経済政策と3本の矢【アベノミクスとは】

第2期安倍政権の経済政策と3本の矢【アベノミクスとは】

アベノミクスとは安倍晋三総理大臣が2012年の衆議院選挙で提唱した政策で、自民党が圧勝するに至った原因の一つとも言われています。

abeno1

長く続いた景気低迷と期待はずれの政権交代の結果、国民の期待はアベノミクスに向けられたと言えるでしょう。アベノミクスでは3本の矢と言う表現で政策を掲げています。

大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略、の3つの政策を合わせて行う事でそれぞれの政策の相乗効果を期待しているのです。一つ一つの政策を個々に行うよりも合わせて行う事で効果を最大限に上げて日本が抱える問題を解決しようとしているのです。

日本は長く続く不景気とデフレの影響で経済が冷え込んでいました。そこに世界同時不況が起こり為替も円高になってしまう状況が続きました。デフレの反対はインフレであり適正なインフレを続ける事が経済には良いとされています。デフレでは物の価値が下がりお金の価値が上がります。つまりお金を使わない事が重要と考えられます。

 

一方でインフレでは物の価値が上がりお金の価値は下がりますので、積極的にお金を使う方が得になると考えられます。多くの政権がデフレ脱却を目指しながら達成出来ずに消えてきた10年で国民の多くがこの問題の深刻さを痛感していました。アベノミクスの3本の矢は全てが経済に関する政策と言う事が出来ます。

 

これが上手く機能してデフレからインフレに日本の経済が動けば目的は達成される事になるでしょう。しかし、過度なインフレは経済には逆効果になる事から、多くの批判の中、政府は慎重に対応をして行く必要があるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

エコノミックマムルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エコノミックマムルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 韓国がAIIBに参加したのは、北朝鮮への融資を中国が約束したから

  • 【MEMO】経済用語など【備忘録】

  • 中国GDP成長率の減速 24年ぶりの低水準 中国経済崩壊はいつ?

  • アベノミクスは失敗したのか、それとも成功するのか?アベノミクスの問題点

  • 為替レートの意味合いとは

  • AIIB(アジアインフラ投資銀行)に参加しない日本は孤立化している?